スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ベッドが御猫様に
占領されてます。カワユス。

なんだか書くことが珍しく多いので連続で更新。
9月の中旬ごろ、京都に遊びに行きました(どーん
何しに行ったとかというとね、劇団四季の「美女と野獣」を見に行ったのですよ。
北海道にも劇団四季は来るのですが、「美女と野獣」は京都劇場にしかないのです。
というのも、セットが豪華で、それを運ぶのは大変だからなそうな。
そりゃそうよね、お城のセットで10tてなんだよそれ。

鼠作品の中で、1番好きなお話なのです。美女と野獣。原作もしっとりしていてお気に入りです。
人を見かけで判断しないとか、相手を思いやる愛とかとか。
久々にアニメを見て、人間に戻ったときのビーストの顔は相変らず残念でしたけど!←
私が人外×人にハマったのはここからなのかしら……。
今の鼠作品より10年くらい前の作品が凄くいいと思う(ぁ

wktkしながらミュージカルが始まる。
アニメで聞いたことのある曲が次々と流れ、もう私は物語の中にのめりこんでました。
途中のビー アワー ゲストのラインダンスではセットも派手になり拍手が大喝采。
クライマックスではビーストが人間に戻るシーンでめちゃくちゃ素早く姿が入れ替わるんですよ。
アニメ見てる方はわかると思いますが、人間に戻る場面で流れるあの曲が劇場に鳴り響いてとんでもない状況でした。
終盤の(アニメでは)ベルとビーストが二人で踊るところでは、何組ものペアも一緒に踊るのです。
そしてそのまま大合唱。歌詞はアニメの方が好きです(ぁ
「幸せな 幸せな 物語」っていうありきたりな歌詞なんですけれど、それがとても純粋なベルとビーストの気持ちを表現してる気がしてじーんてなる。
ステージで踊って歌う皆さんを見て、私の目からは自然と涙が。

(д)゜゜

自分でも驚きでした。
だって今まで劇団四季のはいくつも見てきたのに、滝みたいにぼろぼろ泣いたのは初めてだったんですよ。
人生で初めて、生きててよかったって思える瞬間でした。
あああ、また行きたいなあ。

ミュージカルを見る前には、国宝の東寺や、ルーブル美術館展なども見に行きましたv
凄く芸術の秋を堪能した気がします。
スポンサーサイト
【2009/09/23 00:57】 | 日常 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL
http://binroma.blog112.fc2.com/tb.php/257-5a9bbe81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
あなたに贈る鎮魂歌


日常の愚痴とてんやわんやな出来事を      書きなぐる自己満ブログ。                        女性向けフルオープンにつき注意。

プロフィール

城下町

Author:城下町
10代目 アルファージ・シュバリェ(♀)
全魔法詠唱のエセ純真言。

サービス終了してしまいましたが、今でもBIは大好きです。

常に脳内がどうしようもない人間。腐。
小説家に憧れて日々勉強。現在の仕事は介護福祉士。
普段クラロリやカジュロリなど着用。
猫大好き。大好き!
でも腐なんですね^p^

どうにかしてくれ。

何かあればこちらまで。

ベルアイル
Developed by HEADLOCK Inc.
Presented by VerX Inc.


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。