スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ふひー。
長かったお盆も……今日で無事終わりました←
しばらくはもう灯篭書きしたくないよう……。
知ってる方もいますが、私の家はお寺なのです。お盆は忙しさピークです。

今日は檀家の皆さんも集まり、皆でお経を唱えたり。ご飯作ったり、私は従姉妹と遊んだり。


さて、昨日は終戦記念日でしたね。
硫黄島からの手紙もテレビでやってましたが、あれは……リアルで見てて苦しくなりますね、やっぱり。
劇場で見たときは、自決のシーンで息がとまりかけました。
手榴弾もって、天皇陛下万歳と泣きながら叫んで自爆。ものすごく残酷。
死ぬよりも、わずかな希望にかけて戦いぬいた方が、苦しいけれどいいと思いました。
でも、当時は敵の捕虜になるのは恥だと、教育で芯から教え込まれたせいかそのまま亡くなるなんて。
映画より、実際の方がとても惨劇で冷酷で、きっと見ていられないものなのでしょう。
しかし、兵士の中にも「戦争はしたくない」、「国のためになんて、死にたくない」、「誰も殺したくない」、と考える人もいたかもしれません。
「御国のため」、躊躇うことは許されない。
殺す相手の帰りを待つ者や、無事を祈る者のことを忘れなければならない。
仲間が目の前で事切れても、縋りついてむせび泣く暇なんてない。


私の母方の祖父も、戦争を体験していて、無事生還してきました。
これは母親から聞いた話なのですが、幼いころの母は、祖父に「お父さんも、戦争で人を殺したことがあるの?」と質問したそうです。
純粋な気持ちで、皮肉を込めて言ったわけではなかったのですが、祖父はただ一言、

「やらんにゃやらるっでや(やらなければ、やられるだろ)」

とだけ、答えたそうです。
追求して、さらに母は訊こうとしたらしいのですが、もう祖父は何も答えなかったようです。
祖父は、敵襲がいつくるか見張るための「番兵」もしたことがあるみたいで、腕には鉄砲で撃たれたあともありました。
いやですね、戦争って。折角今まで積み上げたものが、一瞬で崩れていく。
これを書いていると、ひめゆり部隊のことも思い出しました。
今の日本は、それこそ犯罪などがあるものの、世界からみれば限りなく平和な国です。
でもそれは、今まで戦って散った人々の犠牲の上に作られたものだと思います。
だからこそ一年に一度、尊い命を敬うのでしょう。


わあ、一気に思ったこと書いたらgdgd^q^
スポンサーサイト
【2009/08/16 21:51】 | 日常 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL
http://binroma.blog112.fc2.com/tb.php/248-096271e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
あなたに贈る鎮魂歌


日常の愚痴とてんやわんやな出来事を      書きなぐる自己満ブログ。                        女性向けフルオープンにつき注意。

プロフィール

城下町

Author:城下町
10代目 アルファージ・シュバリェ(♀)
全魔法詠唱のエセ純真言。

サービス終了してしまいましたが、今でもBIは大好きです。

常に脳内がどうしようもない人間。腐。
小説家に憧れて日々勉強。現在の仕事は介護福祉士。
普段クラロリやカジュロリなど着用。
猫大好き。大好き!
でも腐なんですね^p^

どうにかしてくれ。

何かあればこちらまで。

ベルアイル
Developed by HEADLOCK Inc.
Presented by VerX Inc.


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。