スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ちょっと今回は
似合わないけれど、真面目なお話をさせていただきましょうかね。
めっさgdgdだから、労力の無駄になっちゃいますよー。


はるさまのブログを読んで、高校生の話を知りました。
私もはるさま同様、「死ぬのはよくない」と思う人間です。
というよりは、うちの親の職業が「住職」なのですが、親曰く「自殺した人間には同情もできん」とのこと。
ううー、親の前ではそう言われても頷いて話しを聞くだけの私。
私は、生きてるから。死というのはまだ理解できない。
死っていうのは、心臓がとまったら? 魂っていうものが成仏したら? この世から存在が消えたら?
とりあえず、「そこで終わり」とは思いますね。
死んだら、そこで自分っていうひとつだけの存在は、地球から消える。

「死にたい人に「死ぬな」なんて言わないで」。
と言われたことがありました。私もよく言う言葉があります。
「その人の自由でしょ」
死のうが、死なないがその人が最終的に決めることであって、他人が口出しすることではない。

ここからはダークなので追記。

それもそうか。
と、私は納得してしまいました。私は周りが思う以上に酷い人間ですから。
だから私は、死に対して理解がないんです。

でもね、そんな理由で死んだりなんてしてはだめでしょう。
私だって似た体験をして、何度も過呼吸になって。学校行くのやめたよ。
死のうと考えたこともありました。家の近くに崖があるので、そこから落ちたら楽になれるかなって。
だけど(この前ブログにも書いたけれど)とある言葉を思い出して、それから、こんなこと考えた自分が悲しくなった。
死んだら楽だ、ああ確かに楽だ。もう苦しむ必要もない。怖いことなんて何もない。
だけれど、置いてかれる人も同じくらい苦しいと思う。
学校なんて2、3年行かなくたって生きて行けるよ。
世の中ってすっごく広いよ、まだまだ面白いことたくさんあるんだよ。

隣町では、数年前に小学生が。そして最近は高校で似たようなことがありました。

私の学校に、今も仲良くしている友達がいます。
その子には大事な人がいました。でも、あるときその子からメールが来ました。
友「○○が、いなくなった」
私「家出?」
友「違う。もういないの」
自ら命を絶ったの。

その人は、私も顔を知っていて、同じ高校生でした。
最後まで、その子のことを考えていたそうです。
「なんで悩みに気づけなかったんだろう」、その子は私にそう呟きました。
だから、さ。こうやって置いてかれる人だって辛いんだ。
それに必ず誰かが自分のことをちゃんと見てくれているんだよ。

――そういう割には、私はその事実を知ったときに焦りや驚きなんて微塵も感じなかったのですがね。
周りも言われるくらい、「こういう話には冷静な人」らしいです。
だってさ、どんなに気持ちを込めて言ったとしても所詮、







あー。なんだこれ。
おもっくそ裏の影響じゃないか。
スポンサーサイト
【2009/03/05 23:53】 | 日常 | トラックバック(0)
トラックバック
トラックバックURL
http://binroma.blog112.fc2.com/tb.php/193-0315ffe7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
あなたに贈る鎮魂歌


日常の愚痴とてんやわんやな出来事を      書きなぐる自己満ブログ。                        女性向けフルオープンにつき注意。

プロフィール

城下町

Author:城下町
10代目 アルファージ・シュバリェ(♀)
全魔法詠唱のエセ純真言。

サービス終了してしまいましたが、今でもBIは大好きです。

常に脳内がどうしようもない人間。腐。
小説家に憧れて日々勉強。現在の仕事は介護福祉士。
普段クラロリやカジュロリなど着用。
猫大好き。大好き!
でも腐なんですね^p^

どうにかしてくれ。

何かあればこちらまで。

ベルアイル
Developed by HEADLOCK Inc.
Presented by VerX Inc.


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。